11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
全てにおいて有限であるということ

前回書く予定を作る為に書いたのに全く書けてない。

 

今生きるのに精一杯すぎてるせいか、まぁ去年と勤務体系が変わってるからマシな状況なはずなんだけど。

去年は去年で日曜しか時間が無かった上に寝不足感・疲労感が取れずに日曜すら使って寝ていた。

 

学生時代は暇さえあればてきとーにくっちゃべったりダラダラしたり出来ていたが、

今思えばそれすら貴重な時間だったのだなと思って仕方がない。非常に無駄にした。

と、思うのはやっぱ実際なってみないと感じることすら出来ないわけで、

「昔がこうだったら」なんてものはないのだから。

 

時間は有限だ。ある時間を何に使うか。というのを最近目にしまして、

まぁ確かにそうだなと思うし、時間がないから逆に友人にも会ったりするし、

引きこもっている時間がどんどん減ってる。

何故か専門書籍を立ち読みするようになるとは5年前の自分にはとても考えられない。

 

色々とあったけど、6年前の今頃全てを目に入らないようにして、

それでも何かしら事を成し遂げようというところから始まって、

何かしら胸を張っていける何かが欲しくて、「負荷」を何年も何年も掛け続け、

まぁそれが結果的に実るまで3年とか5年では足りなくて、

結局まともに動けるようになったのは今年に入ったあたりかなぁ…。

心の矛盾があって出来なかった事は後海してて、今ならと思うこともある。

さすがに時間が経ちすぎてもう戻るとこすらないのも分かったけど、

元々面倒くさい程に正直ではないのが招いたことではあるから何も言えない。

 

後ろ向きな代償としての席は僕はお断りするけれど

もし思い描いていたのと違くて、自分の選択を違う方向に前向きに検討出来るのであれば、

僕は戻る場所ではなく、新しい場所をしばらく空けておこうと思う。

Tak | 戯言 | 00:07 | comments(0) | - | pookmark |
1年終わり、思い返し
まぁあれから5年どころか6年も経ってるわけで、途中までしか書いてなくて下書き状態だった分を7月を前に少しずつ出していこうと思う。



もう4月かと、なんだかんだでまた1年経ったのだなと。

この前なんか朝7時台の出てるはずなのに、週の6日のうち4日は駅付いたの、てっぺんに半周り超えてて笑ったなぁ。

いつぞやは移動時間が1日4時間なんて日もあったせいで、1時間くらいの移動が早く感じるようになってしまった。ナンテコッタ

仲の良い男の同期も、僕より後からだけど、おんなじような境遇になったせいか、同じ事言っててやっぱそうなるよなと。慣れって怖い。

まぁ行ってたところが練馬の方の大江戸線の端っこ近い駅から徒歩20分以上とか、神奈川の日吉からさらにローカルに乗り換えたような距離だったわけだけど、特別に苦ってわけでもなかったのが不思議だ。

引きこもり故に体が付いて行けなかったのが、いつの間にか強くなってた。


高校生の時なんかは外に出るのも結構辛かった…いや怖かったというのが正しいかな。
しばらくいけなかったのを、どうにか気を振り絞ってまた行き始めて、それでも動悸がちょこちょこ続いていたりしていた。

色々やれることは試してみたけど結局人の輪の中に居たのが一番効果があったきがする。
Tak | 日記帳 | 20:02 | comments(0) | - | pookmark |
TGS

しばらく週6、朝から夜まで動いている日が続いております。
先日たまの遊びに、知人たちと東京ゲームショーに行って来ました。

整理券はあっという間に無くなって、試遊台の列にしばらく並んだり、イベント見たり、知ってる人に会って来たりとそんなイベントでした。

プレステのVRメガネは結局装着できず。。違うブースのジェットコースター体現だけしましたが、何だかぼやけ気味で期待したほどではなかったですね。

まぁイベント自体は楽しいので、また機会があったら色々参加しようとは思ってます。

Tak | - | 10:49 | comments(0) | - | pookmark |
一段落と節目の月
一段落付く間隔が日に日に長くなってる気がする僕ですこんにちは。
ちょっとしたことなんですけども、今日は身分証明証についてのエピソードから書こうかなと思います。

役所関係の書類などを取ったりする時に身分証明証の事を「"運転免許証”などはありますか?」
と"聞きやがる"人がそこそこいまして、僕自身持っていないので毎度毎度こいつら身分証明書って言えやって思ってたりします。いや、すっごい些細でどうでもいいことなんですけどね。



昔の人はほぼ100%近い人が車を運転していたと思いますが、東京都心部の超便利なインフラ状態では車を必要としない生活がどんどん可能になったこともあって、取得割合が大分下がってます。
ちょっと都心から離れた沿線沿いになると、車があると便利なのは確かですが、バスがまだ足として生きているので電車+バスor自転車なんかで十分に賄えるわけですね。



そんな時代ではありますが、役所にいるおっさん達世代の感覚では運転免許証が未だに身分証明書の代名詞なわけです。
そう言われるのもちょっと面倒くさくなってきたこともあって、そしてご所望も昔あったことだし、まぁそろそろ持っといてもいいかなと思ってることもあって、現在は小田急沿線にある教習場に通ってます。



まぁ中央線沿線も考えてたんですが、姉貴の紹介やらいろいろな条件を加味した結果そうなりました。
そこでのエピソードが色々とあるのですが、長くなるので今日は省略するとしまして、今ようやく仮免許が取れたところであります。
ちょっとドジった事が影響して若干遅れてしまった影響で、本免はもう1ヶ月ちょい先くらいになりそうです。

自分自身安全確認に心配を持っていたんですが、案の定というか実際に不注意すぎました。路上だと人の命に関わるので笑えないトコ。気をつけます。。。



4月からはというと、朝6時くらいに出て10時くらいに帰ってくる生活がしばらく続くことでしょう。
余裕が無さ過ぎて死ねます。その合間に教習も受ける予定であるので。
週休0みたいなもんですねはい。真面目に時間がありません。

時間が取れない生活がしばらく続いてしますので、色々と考慮した結果、棚上げになっていたもの全てがしばらく棚上げのままとなってしまいそうです。
Tak | 日記帳 | 19:58 | comments(0) | - | pookmark |
Fireflies
素敵な曲を見つけたのでメモ


You would not believe your eyes
きっと君は目を疑うんだろうね

If ten million fireflies
数えきれないぐらいのホタルが

Lit up the world as I fell asleep
僕が眠ってる間世界を照らしてるんだからさ

'Cause they'd fill the open air
あたりが光に満ち溢れて

And leave teardrops everywhere
涙の雫みたいにこぼれ落ちる

You'd think me rude
君は変だと思うかな

But I would just stand and stare 
でも僕はそれをただそこに立って睨みつけてる

I'd like to make myself believe
僕だって自分を信じてあげたい

That planet Earth turns slowly
地球はゆっくりと回り続けてる

It's hard to say that I'd rather stay
悪いんだけど僕はこのままでいたいんだ

Awake when I'm asleep
眠ってなんていられない

'Cause everything is never as it seems
二度と同じ時間は訪れないんだから

'Cause I'd get a thousand hugs From ten thousand lightning bugs
幾千のホタルたちからの光が僕を包み込んでくれるんだ

As they tried to teach me how to dance
僕にダンスでも教えようとしてるのかな

A fox trot above my head
僕の上で社交ダンスを披露して

A sock hop beneath my bed
ベットの下でははじけたダンスを披露してる

A disco ball that's just hanging by a thread
糸で釣られただけのミラーボール

I'd like to make myself believe
僕だって自分を信じてあげたい

That planet Earth turns slowly
地球はゆっくりと回り続けてる

It's hard to say that I'd rather stay
悪いんだけど僕はこのままでいたいんだ

Awake when I'm asleep When I fall asleep
眠ってなんていられないなんて落ちていきながら考えるんだ

Leave my door open just a crack
ほんの少しドアを開けっ放しにする

(Please take me away from here)
何処かへ僕を連れ去って欲しいんだ

'Cause I feel like such an insomniac
どうやら眠り方を忘れてしまったみたいだ

(Please take me away from here)
ここから僕を連れ出して欲しいんだよ

Why do I tire of counting sheep
もう羊を数えるのにも疲れた

(Please take me away from here)
お願いだから助けて欲しい

When I'm far too tired to fall asleep 眠るには疲れすぎてるから

To ten million fireflies I'm weird 'cause I hate goodbyes
本当のこと言うと今の時間に別れを告げるの嫌だなって思う、少し変かな

I got misty eyes as they said farewell
ちょっとだけ目が霞むよ、君達もなのかい?

But I'll know where several are
でもほとんどがいなくなってしまった

If my dreams get real bizarre
もし夢の中でもこんなことが起こったら

'Cause I saved a few and I keep them in a jar
少し瓶の中に捕まえておこうかなって思ってるんだ

I'd like to make myself believe
僕だって自分を信じてあげたい

That planet Earth turns slowly
地球はゆっくりと回り続けてる

It's hard to say that I'd rather stay
悪いんだけど僕はこのままでいたいんだ

Awake when I'm asleep When I fall asleep
眠ってなんていられないなんて落ちていきながら考えるんだ

I'd like to make myself believe
僕だって自分を信じてあげたい

That planet Earth turns slowly
地球はゆっくりと回り続けてる

It's hard to say that I'd rather stay
悪いんだけど僕はこのままでいたいんだ

Awake when I'm asleep When I fall asleep
眠ってなんていられないなんて落ちていきながら考えるんだ

'Cause everything is never as it seems When I fall asleep
こんな状態じゃいけないって分かってるんだけど

I'd like to make myself believe
僕だって自分を信じてあげたい

That planet Earth turns slowly
地球はゆっくりと回り続けてる

It's hard to say that I'd rather stay
悪いんだけど僕はこのままでいたいんだ

Awake when I'm asleep When I fall asleep
眠ってなんていられないなんて落ちていきながら考えるんだ

Because my dreams are bursting at the seams
こんな感じで僕のシステムはおかしくなってるのかも
Tak | 気になったもの | 01:28 | comments(0) | - | pookmark |
ふっと一息ついて
落ち付けない中で過ぎる日々は早いもので、一息ついたら夏が終わって年末になってましたこんばんは。数カ月ぶりです。
多忙な環境に入ってからというもの、日記の習慣が消え、ブログを書く習慣が消え、
「みかけてた大学生くらいを過ぎた人が突如ログインしなくなる現象」が少しわかった気がします。

昔のものを読み返してたら案外楽しい生活を送っていたような気がして、
今は今でそれなりに平凡な日常で楽しいのだけれども、
果たしてこのまま社会の中に組み込まれてよいものかと。

いろいろやれた環境というのはいいもので、新しい・楽しいを結構作ることが出来るのだなと、後になって実感した。
キツイ中だと、これが中々違うベクトルになってしまっていて根本的な何かが違う気がしてちょっとフワフワしてる感じ。


さて、最近はピアノカバー曲とか聞いてますかね。
今放送してる寄生獣の音楽探してたらたまったまpianoが引っかかっただけ、というところから記事を書き始めたわけです。

まぁ色々聞いてたら激しいのもジャズ系も結構好きだなと。
たくさんの人に聞いて欲しいわけではないけど、ちょっと書きたくなる。
あぁこれがブログやってた時の感覚だった。って思い出した。

Tak | - | 23:37 | comments(0) | - | pookmark |
1/11PAGES | >> |